Skype(スカイプ)を使った、ネット上の通訳サービス

Pocket
LINEで送る

有限会社コネクト・ワン が、Skypeを利用した通訳サービスを開始するそうです。

システムは三者同時通話を応用したもので、料金は会話した時間のみに課金される分数課金方式で、1分200円から。

関連記事:
Japan.internet.com Webビジネス – Skype を使った三者同時通話システムを応用した通訳サービスが開始


サービス内容に関しては、

通訳方式は逐次通訳。取扱言語は、英語、中国語(北京語)、韓国語、ドイツ語、イタリア語、チェコ語、スロヴァキア語。その他、順次インドネシア語、タイ語、ベトナム語などにも対応予定。
通訳分野は、法律、商取引、エンターテイメント、デザイン、IT 分野など、ビジネス会議全般。

としています。

課金される料金は、言語、難易度によって変動するということですが、ビジネスユースだけだはなく個人でも利用できそうな価格です。

Skypeの登場で、音声通話の料金的な壁が取り払われ、海外の相手との通話の機会が増えていると思われますし、海外から商品を購入する際のトラブルなどにも、相手側がSkypeに対応していれば、スムーズなやり取りができ強い味方になりそうです。

このサービスはベンチャー発のサービスですが、Skypeを開発、提供している会社がやってもおかしくないサービスなように思います。

Skypeに関してはこちら。
Skype – 世界中どこでも無料通話

しんぷるなぷろだくとをコンセプトに、 デザイナーが運営する雑貨屋さん:ぷるぷろ

Comments are Disabled