リニューアルしたiOSアプリ「動画英文法2700」がリリースされました

Pocket
LINEで送る

ベリタス・アカデミー様からリリースされている英語学習用のiOSアプリ「動画英文法2700」がバージョン2.0.0となり、新機能を追加しリリースされました。

iPhone/iPadアプリ、動画英文法2700
▼ iTunes App Store: 動画英文法2700

available on the app store

この度も画面デザインは弊社へご依頼頂きましたので、新機能に関する新しい画面デザインや、今となってはバリエーションが多くなったiPhone/iPadの各画面解像度への対応などをお手伝いさせて頂きました。

App Storeから引用すると、バージョン2.0.0でのアップデート内容は下記の通りです。

  • Siriを使ったスピーキング練習機能を追加しました。
  • 全動画再生機能を追加しました。
  • 全音声再生機能を追加しました。
  • 外出時は問題を解くだけにして、通信量を抑え、帰宅後にWiFiで間違った動画やチェックを入れた動画だけ視聴できるようになりました。
  • 復習用の板書データを横移動で連続して見られるようにしました。
  • iPhone 4.7 / 5.5inchおよびiPad Proに対応しました。

中でもiPhone/iPadのユニバーサルアプリということで、多種の画面解像度への対応にはちょっと苦労しました。

画面のサイズバリエーションが多数あるのに加えて、iPhoneでもLandscape(画面横持ち)への対応を全てのデバイスでサポートする必要がありました。

デバイスのバリエーションを並べてみただけでもこれだけあって、

iOSデバイスのサイズバリエーション

iPad miniとiPad Airは縦横のピクセル数が同じ(新しく発表されたiPad Pro 9.7インチもmini/Airと同様)なのでひとつと見なすとしても、Landscape対応もあるのでひとつの画面に対して12パターンのデザインをシミュレーションしなければいけません。

どんなデバイスで縦横どのような持ち方でもなるべくストレスのないように、プログラム担当の株式会社そらかぜさんが製作された資料(関西モバイルアプリ研究会 #11 にいってきました – 「iOS9時代のSize Class」)も参考にしながら、画面サイズと文字サイズ/組幅の調整で、どうすれば効率的に多種のサイズへ対応可能かというのを模索しましたが、最終的には何とか良い頃合いのところへ落ち着いたのではないかと思います。

このSize Classについては、自分の中でまだ完全に覚え込むことができていないので、1枚のシートに整理した資料を作ってみようかと思っています。準備ができた際にはこちらのブログでお知らせします。

また、新機能としては、表示された例文を発音してSiriがそのスピーキングを判定するというものが追加されていて、2700本の動画に合わせてさらにボリューム満点な学習アプリへと進化していますので、学生さんはもちろんですが、社会人の方でこれから英会話を!という方々へもおすすめです。

ベリタスアカデミーさんのオフィシャルサイトでは、この「動画英文法2700」をはじめ、「GENIUS動画英単語2200」や「GENIUS動画英熟語1000」などを動画を交えて紹介されたいますので、合わせて参考にしながら是非ご利用ください。

無料体験-アプリ|短期間で奇跡的な成績アップが続出!最先端のネット予備校|ベリタス・アカデミー

▼ iTunes App Store: 動画英文法2700

available on the app store


One Comment

  1. […] 先日このブログで少し触れていたiOS Size Classについて、デバイスが沢山あって覚えきれないので、株式会社そらかぜさんの資料を参考にしながらチートシートを作成してみました。 か […]

Comments are Disabled