メタ・ノート

Maker’s で制作したものの記録:その2(さらに素材を変えてみる)


前回に引き続き、Maker’s神戸で制作したものの記録ということで、アクリル板、MDF板とやってみて、今回はまた別の素材に挑戦してみようと思い、ゴム板をチョイスしてみました。

で、ゴム板で何が作れるかと発想してみてすぐ思いつきそうなのは、、そう、スタンプですね。

スタンプに挑戦しました。


いきなりですが、完成品はこちら。

レーザー加工で制作したゴム板スタンプ

スタンプのデザインは、弊社でデザインを担当して少し前にリリースされたデザイン重視のiPhone用お天気アプリ「SORA」のアイコンやキャラクターを使って作ってみました。

ゴム板を加工しただけでは製品としていまいちなので、スタンプの台座として前回も使用したMDF板を使い、印影が分かるように同じ絵柄を彫刻しています。

この制作については、レーザー加工機へ送るデータの設定でスタンプ用に高解像度にする必要がありましたが、技術的に特に難しいことはなく、あっさりと完成しました。

ただ、彫刻後のゴム板に付いた削りカスに問題があって、これが手に付いたりしてしまうと、石鹸で洗ってもきちんと汚れを落とすことができずで、そこは大変苦労しました。

この作業をする時にはゴム手袋を着ける等が必須になりそうです。

あと、レーザー加工機にはきちんと集塵機が付いているので問題ないですが、加工時のニオイもスゴかったです。

制作したスタンプは形だけではなく、もちろんちゃんと押すことができて、こんな感じにポンポン押して楽しむことができます。

レーザー加工で作ったスタンプの使用例

ゴム板と台座の接着には、以前レザークラフト用に購入して使っていたゴム糊を使いました。

本来はどのような接着剤を使うのか分かりませんが、必要充分な感じでしっかりと固定できています。

ということで、試作プロダクト No.02はスタンプでした。

まだもう少し続きます。

▼ 前回のエントリー
Maker’s で制作したものの記録(最初の一歩)

▼ 以降のエントリー
Maker’s で制作したものの記録:その3(調子にのって)
Maker’s で制作したものの記録:その4(一息ついて小物の制作)
Maker’s で制作したものの記録:その5(新たな機材をマスター)