iOSアプリ「アメミル」アップデートとApp Storeへの掲載

Pocket
LINEで送る

リアルタイム降雨情報をAR(拡張現実)とAI(人工知能)で表現する iPhone/iPadアプリ「アメミル(Amemil)」が、本日(9/18)リリースされた新iOS「iOS 12」に対応してアップデートされています。

少し前にアップデートされた際の2Dマップ画面のデザインリニューアル及び今回のアップデートの一部でお手伝いさせて頂きました。

アメミル(Amemil)の入手先
・iTunes App Store:
アメミル
available on the app store

今回のアップデート内容は、iOS 12で新しく導入されたSiri Shortcutsへの対応と、AR表示画面での風と雷の追加です。

Siri Shortcutsへのアメミルの登録は簡単で、

  1. アメミルの設定画面へ移動して「Siri Shortcutsを登録する」を選択
  2. 遷移した画面内の「Add to Siri」ボタンをタップ
  3. Siriでアメミルを利用するための「短いフレーズ」を入力

この3ステップで完了です。

アメミルSiri Shortcuts設定手順1 アメミルSiri Shortcuts設定手順2 アメミルSiri Shortcuts設定手順3

あとは普通に、「Hey Siri これからの雨は?」などと話しかけるだけで次のように返答してくれます。

アメミルのSiri Shortcutsを設定した場合のSiriの返答例

App Storeスクリーンショットより引用

次に、AR表示画面での風と雷の追加は、これまでiPhoneをかざして表示されるのが雨と雨雲の様子のみだったのが、周辺の風の強さや方向がわかるようなグラフィックが表示されたり、発生している雷の様子を見られるようになりました。
※ 雷は2Dマップでも、雲放電と対地放電を区別して確認が可能です。

アメミルのAR表示で風の強さと方向を確認している画像

風の強さは舞い散る木の葉のスピードで、方向は木の葉の流れる方向と合わせて吹き流しでも確認することができます。

本日はiOS 12のリリース日ですが、それに合わせてiPhone/iPadのApp Storeアプリ内でも新機能にフォーカスした特集が組まれていまして、その中でアメミルがAppタブの上部バナーに取り上げられています。

iOS App StoreのAppタブにアメミルがフィーチャーされたスクリーンショット

OSをアップデートすることは、使っているアプリやその他周辺環境もあり躊躇される方もありますが、それらの支障がない場合は、いろいろと最適化されて便利になった最新のiOSへ是非アップデートして、新機能を盛り込んだアメミルもご利用ください。

アメミル(Amemil)の入手先
・iTunes App Store:
アメミル
available on the app store

・iOS版月額120円(※ 価格は変動することがあります)の会員に登録すると、15時間先までの雨量予測を見ることができます。

▼ アメミルオフィシャルサイト
アメミル - 新体験・気象レーダーARアプリ | SBS気象情報

Comments are Disabled