メタ・ノート

WP (WordPress)自作テーマチャレンジ : Day-3 (WPテーマ用にコーディング)


三日目 (Day-3)、引き続きモリモリと進めていきます。
と言いつつ、この辺りから作業としては複雑になりそうです。

WordPressのテーマを自作するというのが、まったくもって初めてなので、まずはどのような流れなのかをこちらの資料をもとに確認します。

上記によると、先日コーディングしたトップページのHTMLを3つの.phpファイル (header.phpindex.phpfooter.php) に分けるということ。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
   …
</head>

- - - - - - - -

<body>
   …
</body>

- - - - - - - -

<footer>
   …
</footer>

上のコード上でハイライトした部分で3分割にするイメージです。

header.phpはこんなかんじに編集

<?php wp_head(); ?>
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset="<?php bloginfo( 'charset' ); ?>">
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
    <title><?php wp_title(' | ', true, 'right'); ?></title>
    <link rel="stylesheet" href="<?php echo get_stylesheet_uri(); ?>">
</head>
<body <?php body_class(); ?>>
    <div id="container">
    <header>
        <section class="m-nav">
            <input class="mn-drawer_checkbox" id="drawerCheckbox" type="checkbox" >
            <label class="mn-drawer_icon" for="drawerCheckbox">
                <span class="mn-drawer_icon-parts"></span>
            </label>
            <label class="mn-drawer_overlay" for="drawerCheckbox"></label>
            <div class="mn-drawer_menu">
              <?php wp_nav_menu(); ?>
            </div>
            </section>
            <h1 class="logo"><a href="<?php echo esc_url( home_url( '/' ) ); ?>"><img src="<?php echo get_template_directory_uri(); ?>/img/logo_meta-note.svg" alt="メタ・ノート" width="240" height="30"></a></h1>
            <section class="nav">
              <?php wp_nav_menu(); ?>
            </section>
    </header>

ハイライト部分が変更点で、追記したり書き換えたりしています。

ちょっと困ったのが20行目 (モバイル用) と25行目 (デスクトップ用) のナビゲーションメニューを表示する部分。

元のコードはこんな感じでした。

<ul>
  <li class="menu"><a href="/index.html">ホーム</a></li>
  <li class="menu"><a href="">インターフェイスデザイン</a></li>
  <li class="menu"><a href="">お知らせ</a></li>
  <li class="menu"><a href="">会社情報</a></li>
</ul>

最初はカテゴリー名とリンクを取得するWordPressテンプレートタグを埋め込もうと調べていたものの、うまくいかなくて、いろいろと調べた結果、テーマにカスタムメニューを作成して、それをこの部分へ読み込むのが良さそうだという結論に。

で、以下のようにカスタムメニューを仕込んで、

該当部分に「<?php wp_nav_menu(); ?>」を仕込んで解決。

このテンプレートタグがHTMLに展開されると、リスト形式のカスタムメニューリンクが吐き出されます。

吐き出されるリスト形式のHTMLに合わせてCSSを少し修正して完了。

続いてbodyブロックのindex.php

こちらは構造的に割と単純で、冒頭の資料を参考に、最初と最後にheaderブロックとfooterブロックを読み込むおまじない「<?php get_header(); ?>」と「<?php get_footer(); ?>」を記載して、mainの部分(投稿記事の取得)を編集していきます。

資料では下記のようなコード (4~14行目) になっていたのですが、

<?php get_header(); ?>
<div id="wrapper">
  <main>
     <?php
       if ( have_posts() ) : while ( have_posts() ) : the_post();
     ?>
     <section class="post">
       <h2><a href="<?php the_permalink(); ?>"><?php the_title(); ?></a></h2>
       <?php the_excerpt(); ?>
     </section>
     <?php
       endwhile;
       endif;
     ?>
  </main>
</div>
<?php get_footer(); ?>

ページタイトル下のカテゴリー名や投稿日時などが不足していたのと、続きを読むボタンを表示するためのコードも必要だったので、調べて下記 (4~15行目) のように変更しました。

<?php get_header(); ?>
<div id="wrapper">
  <main>
     <?php
       if ( have_posts() ) : while ( have_posts() ) : the_post();
     ?>
     <section class="post">
       <h2><a href="<?php the_permalink(); ?>"><?php the_title(); ?></a></h2>
       <div class="post-info"><?php the_category() ?> | <?php the_date(); ?> | <?php the_time(); ?></div>
       <?php the_content('続きを読む'); ?>
     </section>
     <?php
       endwhile;
       endif;
     ?>
  </main>
</div>
<?php get_footer(); ?>

次は、footerブロックのfooter.php

これは簡単ですね、冒頭の資料通り進めればOKでした。

    <footer>
        <section class="links">
            <ul>
                <li><a href="https://twitter.com/kasydmk/">Twitter</a></li>
                <li><a href="https://www.instagram.com/kasydmk/">Instagram</a></li>
                <li><a href="https://www.facebook.com/metanote/">Facebook</a></li>
                <li><a href="https://meta-glamour.com/contact-form/">お問い合せ</a></li>
            </ul>
        </section>
        <div class="copyright"><small>Copyright <a href="https://meta-glamour.com/"> META-GLAMOUR INC.</a></small></div>
    </footer>
    </div>
<?php wp_footer(); ?>
</body>
</html>

CSSは冒頭にテーマ表示用のコードを追加

CSSはそのまま1ファイルで大丈夫みたいですが、WordPressの管理画面で表示できるように、styles.cssの先頭に以下のコードを追記する必要があるとのこと。

/*
Theme Name: 'テーマの名称'
Theme URI: 'テーマを配布するURL (配布しなければ適当に)'
Description: 'テーマの特徴の説明文'
Version: 'バージョン'
Author: 'テーマの作成者名'
Author URI: 'テーマ作成者のウェブサイトURL'
*/

資料にある「sidebar.php」というのは、今のところ必要なさそうなさそうなので無視しておきます。

あと、URLが何らかの事情で「ページが見つかりません」になった場合に表示される「404.php」も一応用意しておきます。

単純にトップページへリダイレクトさせましょう。
こんな感じ。

<?php
header( "location: " . home_url() );
?>

自作テーマの動作確認 (途中経過)

ここまでできたら、お待ちかねの動作確認をしてみましょう。

まだ個別ページとかいろいろやることは沢山ありますが、実際に自作テーマが管理画面上で動くのを見てモチベーションを上げていきます。

ローカル環境でWordPressがインストールされているディレクトリのテーマフォルダ (themes) へ作成したデータ一式をコピーします。

準備編で紹介した「Local」でローカル環境を構築していれば、作成中のブログタイトルを右クリックして「Reveal in Finder」を選択。

ファインダーに該当するフォルダが表示されるので、次のようにディレクトリを辿っていけば「themes」というフォルダがあります。
そこへ一式をコピーすればOK。

Local Sites > ブログ名 > app > public > wp-content > themes

管理画面のテーマ (外観) を確認して、作成したテーマが表示されていればひとまず成功です。

有効化して動作確認。

おつかれさまでした、Day-3 はこれで終了にします。

▼ 全編のリンクはこちら
WP (WordPress)自作テーマチャレンジ : Day-0
WP (WordPress)自作テーマチャレンジ : Day-1 (トップページデザイン)
WP (WordPress)自作テーマチャレンジ : Day-2 (トップページコーディング)
WP (WordPress)自作テーマチャレンジ : Day-3 (WPテーマ用にコーディング)
WP (WordPress)自作テーマチャレンジ : Day-4 (その他コーディング〜完成)

今日のにゃんこさま。